ヒアルロン酸入りスキンケアを塗っただけでは潤いアップしないのは何故?

HOME > ヒアルロン酸入りスキンケアを塗っただけでは潤いアップしないのは何故?

ヒアルロン酸入りスキンケアを塗っただけでは潤いアップしないのは何故?

ヒアルロン酸入りスキンケアを塗っただけでは潤いアップしないのは、なぜでしょうか?

年々、歳を重ねるごとに悪化していく肌の乾燥


こんな時に潤い成分として目に留まるのがヒアルロン酸ですよね。


ヒアルロン酸は潤い成分としてはとても有名で、様々な化粧品に含まれています。


実は、ヒアルロン酸はたった1グラムで6リットルもの水分を蓄える力があると言われています。


6リットルもの水分を簡単に想像すると、500ミリリットルのペットボトル約12本分です。


ヒアルロン酸はもともと私たち人間の身体に存在している成分ですが、年齢とともに減少していくことがわかっています。


私たちの肌はヒアルロン酸のおかげで潤いが保たれていると言っても過言ではありません。


ヒアルロン酸が減少してしまった肌は、水分を保てずにしぼんでしまうため、小じわなどのエイジングサインが目立つようになるのです。


しかし、ヒアルロン酸が配合されている化粧品を使ってみても、肌の乾燥状態が改善されないと感じる時ってありませんか?


私は今までに様々なヒアルロン酸配合のクリームや美容液を使ってみた経験がありますが、しっかりと保湿されていると感じたことの方が少ないかもしれません。


なぜ、保湿成分としてとても優秀なヒアルロン酸を使っているのに、肌がしっかりと潤いで満たされないのか。


その理由はヒアルロン酸の分子の大きさにありました。


一般的な化粧品に配合されているヒアルロン酸は、分子の大きさによって角質層まで浸透しにくい特徴があります。


そのため、肌の表面だけヒアルロン酸が配合された化粧品を使っても、肌内部に潤いが浸透しないため、乾燥状態がなかなか改善されないのです。


そこで、ヒアルロン酸の潤い成分をしっかりと角質層まで届けることができると言われているのが、「ヒアロディープパッチ」になります。
ヒアロディープパッチで目尻もほうれい線にも効果の口コミは本当?


この商品はシート上にマイクロサイズのヒアルロン酸の針のマイクロニードルを成形。



これが皮膚のバリアを突破し、奥深くまで直接ヒアルロン酸が浸透します。


この技術は、医療の現場で使われているマイクロニードル技術が参考となっています。


マイクロニードル技術とは、マイクロサイズの針を並べて敷き詰めたシートを、直接肌に貼り付けて、薬剤を体内に注入する技術です。


医療の現場では痛くない注射とも言われています。


そんなマイクロニードル技術を参考に開発したのが、世界初のヒアルロン酸ニードルのヒアロディープパッチになります。


これは、マイクロニードルそのものをヒアルロン酸で作り、肌の奥深くに直接ヒアルロン酸を届ける、世界初の画期的な技術です。


つまり、今までは肌表面にしか届かなかったヒアルロン酸を、肌の内部までしっかりと届けることが可能です。


ヒアルロン酸ニードルが、しっかりと浸透していくまでには5時間ほど時間がかかります。


そのため、ヒアロディープパッチは就寝時間帯に使うスペシャルパックとも言えるでしょう。


もしもあなたがヒアルロン酸入りのスキンケアアイテムを使っても、満足いく結果を得られていないのだとしたら、是非この機会にヒアロディープパッチを体験してみてくださいね。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら
ヒアロディープパッチ
ヒアロディープパッチでシワ対策でハリアップ!
 

PAGE TOP